飛蚊症サプリメント

飛蚊症サプリメントで視界のぼんやりにルテイン

くっきりクリアに飛蚊症サプリメントとして注目のルテインは、40歳をさかいに急激に減少し、50歳では若いときにくらべて、約半分に減ってしまいうと言われています。

飛蚊症サプリメント


実に60代の3割以上の人に見られる飛蚊症は、加齢によって減少してしまう目の大切な栄養素の一つルティンを積極的に補うことで飛蚊症の解消へ繋がる期待があります。


クッキリを維持する為に重要な水晶体や黄斑部に含まれている抗酸化成分、ルテインはもともと体内に存在し、紫外線などの有害光線から目をガードする役割をしています。


毎日スマホやパソコンを長時間眺めていると画面がボンヤリ、ショボショボして見づらいという悩みに、細かい字を見るのがつらいというときにも、飛蚊症サプリメントのルテインサプリがおすすめです。


白内障、緑内障、加齢黄斑変性症の予防にも加齢によって不足してしまうルテインを積極的に補給することで、予防につながると注目されています。

飛蚊症とは

何かをじっと見つめているときに、目の前に小さな虫のような蚊か何か、まるでゴミのような黒いものが飛んでいるように見える、そのような状態に遭遇したら、飛蚊症と恐れが考えられます。


このような状態が見えるような事を周りの人からも耳にせているようなことがあるかもしれませんが、実はこれは失明になる重大な目な病気の前兆の可能性があります。


飛蚊症とは、眼球内を光が通る場所である硝子体が濁ってしまい、それがまるで影のようになってまるで虫やごみのように見える事があるのです。


この硝子体の濁りの主な原因は、加齢に伴う生理現象とされているのですが、場合によっては全く問題もないも見受けられるそうです。


また、近視の人の場合でも若い頃にこのような症状を自覚することがありいえるということです。


糖尿病や高血圧の人は


中でも最も怖いケースとして、突然、蚊下のようなものが見えるようなときに、危険なのだそうです。


加齢によって、次第に硝子体が縮んでしまい網膜と離れてしまう後部硝子体剥離の状態が起こってしまうと、これが引き金となって網膜裂孔の危険性や、網膜剥離に進行する事もあるので注意が必要です。


特にこれらの症状が進むのは、生活習慣病の中でも糖尿病や高血圧の人に多いのだそうです。


これらの生活習慣病が原因となって、硝子体から出血してしまい飛蚊症の症状に進んでしまう危険があるからです。


例えば、突然、片方の目に煙のような症状が見えてようになってしまったケースでは、その煙が次第に大きくなってきてもう少しで失明する一歩手前の状態であることもありえる事なのだそうです。


ですから、糖尿病や高血圧の症状に悩んでいる人は、一様念のために目の検査も受けておいた方が良いという場合も、ありえる事なのです。


突然に小さな虫のようなものが見えてあり煙で見えるような場合には、決してその状態で放置しないで眼科で検査を受けた方が良いかもしれません。


最近では飛蚊症についてテレビ等で解説している番組等も多く見受けられますし、レーザーでの網膜光凝固術等の治療法もありますので、飛蚊症が現れた場合には、すぐに精密検査を受けた方がよいでしょう。


疑わしい場合には、眼科で受診してもらえば、問題のないタイプなのか、重大な病気に繋がるものなのか調べてもらえれば、対応してもらいますし安心です。


白内障とは


目のレンズは年とともに濁ってしまう白内障とは、実は加齢性で、70代で70%、80代で90%がなってしまうのではないかと言われています。


ですが、白内障の症状が表れている方すべてに視力障害があるというわけではないのですが、高齢者にとっては避けては通れない病気ともいえましょう。


簡単に説明すると白内障とは、例えばカメラのレンズの役割をする人間の水晶体が濁ってしまい、例えるならば、卵の白身が加熱されて白く濁っているようなものなのです。


一度、目の水晶体が濁ってしまうともう元に戻ることはできなくなってしまうので、白く回復には手術が必要となるのです。


また日本人に多い特徴として三種類があげられるようで、高齢者に多いとされる水晶体の中心が濁る核白内障、若者に多いとされる進行の早い水晶体の裏側近辺が濁る後嚢下白内障、そして日本人に最もされる核の外側の皮質の濁る皮膚白内障です。


白内障のリスクを上げる要因として、たばこの喫煙やアルコールの過剰摂取等の生活習慣が挙げられ、糖尿病やアトピー性皮膚炎も要因となるのだそうです。


また近視の人は、そうでない人よりも白内障になりやすく、男性と女性では、女性の方がなりやすい傾向で、紫外線も目に良くないとされています。

生活習慣を改善して予防する白内障


だいたい50代頃から少しずつ濁り初めてしまうとされる白内障は、一旦水晶体が白く濁ってしまうと、もう元には戻らない目の病気です。


ですが、生活環境を改善させるだけで、白内障の進行をかなり抑えられると考えられており、その一つが、タバコの喫煙ということです。


1日にたばこを20本以上吸う喫煙者と喫煙しない人では、実に倍近くも白内障になる危険性が上昇するのだそうです。


このリスクは、禁煙者であっても、近くに喫煙者がいることで、副流煙を吸い込んでしまうことでも白内障のリスクが上昇するのだそうです。


また紫外線による影響もあるのだそうで、肌が紫外線によって影響を受けるように見に紫外線が入ることで、水晶体が濁ってしまうのだそうです。


その対策としては、紫外線をカットすることができるサングラスや眼鏡、コンタクトレンズ等を着用することで、ある程度は防いでことができる事でしょう。


それから、飲酒も白内障を発症させるリスクが高まるようで、適用を超えない程度にビールやワインを一杯軽度ならば問題がないようですが、過剰に摂取してしまうと、白内障のリスクを上昇させしまうリスクがあるようです。

白内障で低下する視覚の質「QOV」


白内障の患者さんが手術を受けて、本来ならば視力が回復していることが実感できるはずが、どうも違うという場合があり、視覚の質「QOV」が関係しているのだそうです。


視覚の質「QOV」とは、クオリティ・オブ・ビジョンの略で日常生活の中での見え方の質が関係しており、視力、コントラクト視力、動体視力によるところがあるようです。


その中でも特にコントラクト視力が低下していると、検査では視力は十分あるのに、文字がぼやけて見えたりする傾向があるようです。


暗い場所で見えにくかったり、読む速度が落ちているなどの読書能力の低下は、総合的に視覚の質「QOV」と関係しているとされています。


「QOV」を低下させる原因として、白内障によって水晶体が白く濁り屈折率を替えてしまうことで、見え方に変化が生じてしまいます。


これを防ぐための白内障の手術となるのですが、その前にコントラクト視力を検査しておくことが一般的となってきており、視覚の質「QOV」についても注意が必要のようです。

白内障の手術


加齢とともに白内障になってしまうと、文字が読みにくくなったり、日常生活の中で以前よりも快適な暮らしが難しくなってしまう可能性があります。


その時は白内障の手術が必要になってくるのですが、白く濁ってしまった水晶体を超音波で降りて吸い出し人口レンズを挿入することになります。


最近ではこの白内障の外科手術が格段に向上しており、以前よりも手術時間や回復期間が短縮され、場合によっては日帰りで終了できるケースもあるようです。


目に挿入する人口レンズも進歩しており、切り口が小さくできる折り畳みタイプのレンズが開発され、まぶしさを押さえられるタイプやより良く見える非球面レンズも選べるようになっています。


さらにこれまでならば近くか遠くか側へピント合わせが単焦点だったモノが、多少点タイプのレンズで眼鏡に頼らなくてもすむ人口レンズも選択できるようになっています。


中高年から高齢へ向かうなかで、白内障のリスクが高まってくるのでしょうが、適切な処理をすれば、快適な生活が送れることでしょう。


緑内障の危険

正常眼圧緑内障の場合


誰か知り合いと会っているとき、突然その相手の顔が欠けて見えるようになることがあったり、文章を書いている時に、これまで書いていた文が見えなくなるような現象があれば、緑内障の危険があるかもしれません。


緑内障は、早期発見が非常に難しい病気なのだそうで、病院への受診が遅れていたら失明する危険性もあるのだそうです。


たとえば、眼圧が上がることで視神経を損傷してしまい、その患者さんの視野が欠損してしまう病気で、正常眼圧緑内障という緑内障の一種とされています。


この正常眼圧緑内障は、中高年にさしかかった40歳以上で実に20人に一人が病気にかかっているとされる緑内障の7割を占める病気なのだそうです。


痛みや吐き気を伴う急性緑内障とは異なり、眼圧を調べても正常なのに知らない間に少しずつ発病していることもあり、危険なのだそうです。


このため、目がおかしいと気づいたときには手遅れで失明の危険があるのに、実際に治療を受けている患者さんは1割程度しかいないのではないかと懸念されているようです。


できるだけ早く目の異常を気づくことが必要で、簡単な方法としてテレビでアンテナ状態が良くないノイズ画面のチャンネルを合わせ、約30センチほど離れた所から片目だけで画面を見つめ、面面中心の外側に歪みやにじみ、見えない部分が見つかれば、緑内障の可能性が疑えるそうです。


緑内障による視野がおかしいのは鼻側の上方部へ広がっているケースが多いようで、たとえそうだとしても、正常なもう片方の目で視界を補ってしまい気づかないことが多いそうです。


ちょっとでもおかしいなと感じれば、眼科での検査を受け、すこしでも早く初期段階で視野の異常を見つけることは早期の治療へとつながるはずです。


急性緑内障の場合


失明する危険のある急性緑内障の場合は、風邪の症状のように頭痛や吐き気を伴うこともあり、風邪だと思って治療が遅れてしまう危険があるようです。


特に40代以上の女性に多いとされる急性緑内障では、突然眼圧が上昇することで、風邪のように頭痛や吐き気、視力の低下や充血、眼痛になるとされています。


急性緑内障になった場合の治療法は、点眼や内服、点滴、レーサー手術などが一般的なのだそうですが、眼圧を下げることができる白内障手術も有効なのだそうです。


急性緑内障の患者さんは、眼球の奥行きが短い方、比較的に視力の良かった遠視の高齢者に発症しやすのだそうです。


専門家が診れば目の形をから急性緑内障の発作しやすいかどうかあらかじめ判断できるようで、一度眼科で調べて貰うことも対策になるかもしれません。


加齢黄斑変性症は中途失明の原因に


日本人の100人に一人が発症するとされる加齢黄斑変性症は、中途失明の原因疾患の第4位と上位にランクされる目の病気です。


加齢黄斑変性症は、網膜の中でも最も視力にかかわっているとされる黄斑が高齢になるにつれダメージを受け、見たいところが見えなくなる眼病です。


治療をしないで放ってしまうと、最後は見えなくなる恐ろしい病気で、早期に発見して治療を開始することが必要とされています。


たばこの喫煙も良くないようで、男性の方が女性よりも2倍、発症しやすいとされ、50代以降に発病し、70代,80代により多く発症するとされているようです。


両方の目で進行が違ってゆがんで鮮明に見えなくなることから、片目ずつちゃんと見えているか、注意することが大切なようです。


加齢黄斑変性症の進行抑制


一番みたい視野の中心部分が見えにくくなる加齢黄斑変性症は、加齢とともに発症してしまう眼病です。


特に新生血管と呼ばれる病的な血管が原因で、黄斑が荒廃する溶出型で、急激に視力が低下し、失明の危険のある病気です。


その治療法も患部に特殊なレーサーを照射することで、薬を先に反応させ、活性酸素を発生させることで新生血管を退縮させる光線力学的療法(PDT)も有力は治療法となっているようです。


従来のレーサーの熱で新生血管を焼きつぶすレーサー光凝固術ですと、患部周囲の正常な網膜も傷めてしまう危険があったのですが、他を傷つけない新たな治療法に注目があつまっているようです。


又、βカロチンなど抗酸化ビタミン、亜鉛を含んだサプリメンもアメリカでは、病気の進行が抑えられる可能性が期待されているようです。


飛蚊症サプリメントにルテイン


飛蚊症は加齢による目の老化と考えられていますが、黄斑変性症も目の老化現象が原因と考えられています。

目の健康


アメリカでは失明の原因のトップが黄斑変性症なのだそうで、積極的に国を挙げての対策をしたところ、良い方向へ向かっているそうです。


つまり可能な限り対策をすることで、目の老化を防ぎ、黄斑変性症や飛蚊症の予防へつながると言うことです。


その為には、加齢とともに減少してしまう栄養素を補うことで目の健康に、ルティンやブルーベリーのサプリメントが人気を集めています。


ルテインが500円でお試し

飛蚊症サプリメント

白内障と緑内障で苦労された、大桃さんが選んだサプリ、

天然ルテイン40mg配合、500円でお試しできるお得なセットは、

・画面がボンヤリ

・ショボショボして見づらい

・細かい字がつらい

とお悩みの方へ、

さらに、プラセンタエキスもたっぷり配合で、

1000名様限定 500円モニター募集中!

スマホやパソコンからお申し込みできます。